赤ら顔・酒さ 治療法と治し方

顔の皮脂が時間が経つと酸化して臭い。対策にはブルーベリーが良いかもしれません

毎日、暑くなってきました。

 

夏は、もうすぐそこまで来ていますね。

 

この時期は、湿気と温度の上昇で皮脂が出やすいかもしれません。

 

赤ら顔や酒さに悩む方は、皮脂の酸化対策は必須ですね。(乾燥肌タイプの方は、むしろ夏の方が調子良いのかな?)

 

とくに、時間が経つと皮脂が臭ったり、色が茶色く変色するような方は要注意です。

 

ちなみに、色の変色はティッシュで顔の皮脂を取ってみるとわかります。

 

本来皮脂には、色がついていませんから。

 

もしもティッシュに色がついていたら、それは皮脂が酸化してしまっている証拠かもしれませんよ。

 

それを放っておくと、赤ら顔がどんどん悪化してしまう可能性がありますので、早めの対処が必要かもしれませんね。

 

以前からこのブログではお伝えしてきましたが、僕は皮脂の酸化対策にはアントシアニンがベストだと思っています。

 

僕自身、今まではアントシアニンをサプリメントで摂っていたんですが、この間何の気なしに冷凍ブルーベリーというのを買ってみまして。(セブンイレブンで、一袋200円しないくらいでした)

 

それが、めちゃくちゃ美味しかったんです。

 

冷たくて、サクサクで、高級なフルーツシャーベットを食べているかのようでした。

 

あまりに美味しかったので、その後も何袋も買ってしまいました。

 

で、思ったんです。

 

サプリで摂るのも楽で良いけど、冷凍ブルーベリーで摂ればおやつ感覚で楽しめるな、と。

 

フルーツやシャーベットが好きな方は、セブンの冷凍ブルーベリーおすすめですよ。

 

とても美味しくて、皮脂の酸化対策になるかもしれないなんて、素晴らしい商品です。(僕は、セブンイレブンの回し者ではありません。笑)

 

もしも、夏や梅雨時期の皮脂の酸化にお困りの方がいましたら、一度試してみると良いかもしれません。

 

ただ、毎日食べるのは大変なので、食べられない日はサプリメントも上手に利用すると良いですね。(サプリに関しては、こちらで詳しく説明しています。→夏の皮脂の酸化を抑える)

 

僕は常々思うのですが、サプリメントって補助食品なんですよね。

 

補助で使う分には、とても優れモノだと思うんです。

 

ですので、「サプリメントは善だ」とか「サプリメントは悪だ」みたいな二元論で語ることはできないように考えます。

 

上手に使えば非常に有益でしょうし、間違って使えば害になるかもしれません。

 

その人が、どういう使い方をするかの問題だと思うんですね。

 

生かすも殺すも、本人次第だと思うんです。

 

基本は食事管理や運動で体の健康を保ち、足りない部分をサプリメントで補えばベストじゃないかな、と。

 

話が逸れてしまいましたが、何が言いたいかと言いますと、夏の皮脂の酸化対策には冷凍ブルーベリーがおすすめですよ、って話です。(アントシアニンは、オメガ3の効果を高める可能性も秘めていますので、そういう意味でもぜひ摂りたい成分だと僕は考えています)

 

で、毎日ブルーベリーを食べたくない方はサプリメントを上手に使ってみては?

 

この記事が、あなたのお役に立てば幸いです。

 

追記(20171118)
毎日寒いですね。
この時期、冷凍ブルーベリーはおすすめしません。
体が芯から冷えてしまいます。
正直なところ、苦行に近いです。苦笑
夏以外でも皮脂の酸化対策をされる場合は、冷凍ものではないブルーベリーにするか、サプリメントを利用されることをおすすめします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夏の皮脂の酸化にはブルーベリーがベストかも関連ページ

古い酸化した油は肌の炎症に繋がる
古くて酸化した油は、肌の炎症に繋がる可能性が高いのです。炎症が慢性化すれば、それは赤ら顔になります。
赤ら顔とウォーキングと魚 そして煙草
赤ら顔と喫煙は関係があるのでしょうか?また、ウォーキングや魚が改善に繋がるというのは?
肌の赤みの解決には慢性炎症を抑えること
どんな理由で赤ら顔になってしまっているのかは、人によります。原因がはっきりしない場合は、肌の赤みの元となる慢性炎症を抑えることが大事です。