赤ら顔・酒さ 治療法と治し方

マッサージのその後 経過観察

以前:マッサージは是か非かで、マッサージは酒さ治療にけっこう良いのではないか?という話をしましたね。

 

その後、マッサージは毎日続け、経過観察してみたのですが、症状はかなり良いように思えます。

 

ただ、もう僕の症状は炎症はもう治っている状態で、微妙に少しだけ血管拡張が見られる程度から始めましたので、良い結果になっている可能性があります。

 

マッサージは物理的な刺激でもありますので、炎症系の赤ら顔の方にはおすすめできない可能性は十分ありますね。

 

一方の、炎症がない血管拡張系(筋として欠陥が浮き出ている)の方は、試してみても良いかもしれません。

 

なぜ、マッサージが効果的なのか、僕なりの推論なのですが。

 

  • 物理的なマッサージで血流が良くなり血管拡張が改善される
  •  

  • 酒さに良い栄養成分を食事からとっているため、マッサージにより血流が良くなり成分が患部に届きやすい

 

おそらく、このどちらかなかのか、もしくはこのどちらもが相互的に働いているのか。

 

僕なりの現段階の結論としましては、「LFKオメガ3を飲みながらのマッサージは、とても良い」です。

 

ただし、炎症系の赤ら顔の方は、炎症が治まってから始めた方が良いと思います。(炎症にはLFKとオメガ3の併用と、バリアー機能を高めるセラミド保湿が、おすすめです。)

 

では、これがあなたの酒さ治療のお役に立てることを祈っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加