赤ら顔・酒さ 治療法と治し方

酒さの原因とは

酒さの原因ですが、原因ははっきり言って分かっていないと言ったところが現状のように思います。

 

医者に診てもらっても、その医者によって言うこともまちまちですし、自分で調べてみてもはっきりとした理由が分かりません。(だからといって、医者に診てもらうことが無意味だとか、そういうことは言いませんよ。)

 

顔ダニ(ニキビダニ)だ、細菌だ、腸の問題だ、と原因はいろいろ言われていますが・・・

 

ただ、1つ言えるのは酒さの原因って、1つじゃないのかもしれませんね。

 

いくつかの要因が複合的に重なって、この困った症状が出ているように思います。

 

その中でも、最も大きな要因の1つが遺伝ではないでしょうか。

 

「え?うちの両親酒さじゃないんだけど?」

 

そう、思われるかもしれませんね。

 

ええ、仰るとおり。

 

僕の両親とも酒さでもなければ、とても肌が綺麗です。

 

でも、遺伝子の組み合わせ次第で、良くない結果になってしまうこともあります。

 

 

 

 

 

さて、話を戻しますが、あなたの赤ら顔は、炎症タイプですか?

 

それとも、血管の拡張タイプですか?

 

 

自分の鼻や顔を良く見て、血管が浮いているのかどうかチェックしてみてくさい。

 

 

ちなみに、酷いときの僕は、このどちらの症状も出ていました。

 

で、治療した経験的なことを言わせていただければ、炎症タイプのものはわりと良くなりやすいということです。

 

ただ、これはあくまでも「血管タイプ」のものと比べた場合の話です。

 

炎症タイプのものが良くなりやすいというよりも、血管タイプのものが極めて治りにくいと言ったほうが良いかもしれません。

 

 

このどちらもタイプのものも、年単位で治療していく覚悟は必要ですよ。

 

嫌で嫌で仕方のない赤ら顔ですが、治療にもっとも必要なものは「根気」だと思っています。

 

 

これ以上の治療はないといっていいくらい。

 

このブログで、いろいろと僕の治し方を解説していきますので、根気良く真似して(参考にして)いただければと思います。

 

 

 

では、今回はこれまで。

 

一緒に、乗り越えていきましょう^^
原因とは

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

原因記事一覧

肌の状態

前回→酒さ(赤ら顔)の原因は「皮脂」と「乾燥」ではないか?、皮脂や乾燥が赤ら顔の原因ではないかということについてお話しましたが、ご自分の肌の状態を知ることは非常に大切だと思います。血管拡張タイプのものも、炎症系タイプのものも、どちらも肌の状態により悪化したり良くなったりするように感じます。たとえば、...

≫続きを読む

 

酒さは肝臓が悪いのか?

以前、薬剤師の方に酒さ・赤ら顔について相談したことがあります。すると、こんな答えが。「酒さや赤ら顔の人ってね。私の経験上、肝臓が悪い人が多いんですよ。酒飲みの病気って言われているくらいだからね。だから、肝臓を一度調べてみると良いかもしれませんね。」会話の内容の細部は違えど、言っていることはこんなこと...

≫続きを読む

 

皮脂の酸化が酒さの大きな原因ではないか?

このサイトでは、何度も言っておりますが、僕は皮脂の酸化こそが酒さ(赤ら顔)の大きな原因の一つだと考えています。(他にも、セラミド不足や腸の影響なども考えられます)皮脂は気温の上昇と共に分泌が進むだけでなく、酸化も促進させてしまいます。試しに、鼻の下を伸ばすように表情を変えてみてください。何か臭いませ...

≫続きを読む

 

あなたの赤ら顔は本当に酒さですか?

赤ら顔だからと言って、すべて酒さと言うわけではありません。酒さとは、鼻をメインに慢性的な症状(赤み)が出ており、頬や、あご、額にも赤みが広がっていく病気です。皮脂分泌が盛んなことが多く、毛穴も開いてしまうこともよくあるようです。そして、だんだんと糸状の血管がうっすら見えている(血管拡張)状態で赤みが...

≫続きを読む

 

脂漏性皮膚炎と酒さ、赤ら顔の原因となる似た病気の違い

これまで、酒さについていろいろと書いてきましたが、ここで脂漏性皮膚炎について書いてみます。酒さと脂漏性皮膚炎はどちらも赤ら顔の原因となる病気です。共にとても似た病気で、皮膚科医の方でも区別がつかずに診断(誤診)してしまうことも多いと聞きます。僕の解釈で、この二つの病気の違いをご説明しますね。まず、酒...

≫続きを読む

 

乾燥肌による赤ら顔の原因と改善

酒さは皮脂腺疾患が問題であると考えられていることが多いですが、ここでは皮脂の少ない方「乾燥肌の赤ら顔の原因」やその対策と改善について考えてみましょう。まず、おさらいとして。赤ら顔になりやすい方は?そもそもの体質として、赤ら顔になりやすい方は敏感肌が多いと言われています。「気温や精神面の変化が肌に出や...

≫続きを読む

 

乾燥と脂性肌、原因別の赤ら顔対策

僕が、赤ら顔と戦い始めてもう20年近く。今のやり方で治療を始めてからは、どれくらいでしょうか?正確には覚えていませんが、7〜8年くらいでしょうか。(その前から美容皮膚科や保険診療の皮膚科には行っていましたが)最も酷いときの肌を写真に撮っていないので(写真なんて絶対撮りたくなかったですしね)、どれくら...

≫続きを読む

 

赤ら顔はピーリングで改善する?悪化する?

今回は、酒さ治療のピーリングに関する僕なりの考察を書きたいと思います。以前、僕が美容皮膚科に行ったときの話。その美容皮膚科で、肌の赤みや毛穴の開きについて皮膚科医の先生に相談したところ、ピーリングを薦められました。正確に言えば、ピーリングをしながら、フォトフェイシャルや、イオン導入を薦められたのです...

≫続きを読む

 

赤ら顔・酒さとアトピー性皮膚炎

今回は、赤ら顔・酒さとアトピー性皮膚炎についての僕の考察について書かせていただきます。前にこのブログで、赤ら顔・酒さはセラミド不足ではないかという話をしました。実はこれ、アトピー性皮膚炎でも言われていることなのですね。たとえば、アトピーの場合。乾燥肌が酷く、保湿にワセリンや保湿クリームを用いることが...

≫続きを読む

 

赤ら顔に冷水は悪化のもと

今回は、「冷水とお湯を繰り返し洗顔することで、肌が厚くなって鍛えられるのか?赤ら顔の改善に繋がるのか?」という話をしたいと思います。結論から言いまして、冷水で肌を刺激するのは止めた方がいいと思います。赤ら顔が悪化こそすれ、決して改善しないように思えます。そもそも、赤ら顔の方というのは敏感肌で肌が弱い...

≫続きを読む

 

治りやすい人となかなか良くならない人の違い

酒さや赤ら顔、僕と同じ治療方法を試してもらい「良くなりました」という方がおられる一方、「なかなか改善しません」という方もおられるようです。その違いってなんなのでしょう?今日は、僕なりの考えを書いてみたいと思います。まず、赤ら顔や酒さを簡単に分析すると、以下のようになっていると考えます。原因 → 慢性...

≫続きを読む

 

抗生物質と赤ら顔(酒さ)の関係

抗生物質で赤ら顔悪化の可能性最近、抗生物質で赤ら顔や酒さが悪化する可能性があるのではないかと考えています。と言いますのも、僕が急激に赤ら顔が悪化したことを自覚した頃の半年ほど前に、抗生物質を飲んでいたことを思い出したのです。あの年の夏、僕は抗生物質を数カ月間飲み続けました。(赤ら顔とは全く関係ない理...

≫続きを読む

 

酒さ・赤ら顔の悪化要因は?

日差しの強い季節になりました。赤ら顔の方や酒さと戦う皆さんは、日焼け止めを使用していることでしょう。「え?使っていない方がいる?」もしも日焼け止めを使用していない方は、すぐに日焼け止めを使われることをおすすめします。紫外線の刺激は、あまり良くないと思われます。ただし、注意点もありまして。あなたの肌に...

≫続きを読む

 

目の周り以外、顔全体が赤い

頬だけが赤い赤ら顔ではなく、目の周り以外顔全体が赤い症状が出ている方は、何の病気なのでしょうか?おでこ、眉間、鼻、頬と、すべてが赤い方です。ネット検索してみたところ、「自分は、血が多すぎるのではないか?」と悩んでいる方がおりました。おそらく、血が多いということではないと思いますよ。もちろん、貧血の方...

≫続きを読む

 

酒さの治療に肌を乾燥させてみるという発想

酒さ治療のためには、肌を乾燥させるべきでしょうか?それとも、保湿するべきでしょうか?個人的には保湿をした方が良いと考えています。その根拠は僕自身の経験則ですので、すべての酒さに悩む方にこれが当てはまるかは分かりません。もしも僕がもう一度酒さの症状に悩むことになったとしたら、迷わず肌を保湿します。です...

≫続きを読む