赤ら顔・酒さ 治療法と治し方

肌の状態を知る

前回→酒さ(赤ら顔)の原因は「皮脂」と「乾燥」ではないか?、皮脂や乾燥が赤ら顔の原因ではないかということについてお話しましたが、ご自分の肌の状態を知ることは非常に大切だと思います。

 

血管拡張タイプのものも、炎症系タイプのものも、どちらも肌の状態により悪化したり良くなったりするように感じます。

 

たとえば、冬場に大量に皮脂が出るタイプの方は、乾燥が疑われます。

 

乾燥するから、肌がバリアー機能の一つとして皮脂を出す。

 

で、皮脂が過剰になると自分の皮脂が酸化し、その酸化により炎症が起きる。

 

その炎症が長続きすることで、血管の拡張へと繋がってしまう。

 

私はこんな風に考えています。(簡単に説明しましたけどね)

 

これを改善するためには、乾燥を断ち切るのが一番ですね。

 

酒さの原因が、今の話の流れの通りだった場合、乾燥を防げば少しずつ改善されるかもしれませんね。

 

今回は、例を「乾燥」で説明しましたが、ご自身の肌の状態を知ることが酒さ(赤ら顔)改善の近道であることがご理解いただけましたでしょうか?

 

1日でも早く、赤ら顔からおさらばしたいでしょうが、この病気にあせりは禁物です。

 

ゆっくりじっくり、根気よく戦っていきましょう。

 

私も年単位で戦いましたからね。

 

一緒にがんばりましょう^^
乾燥に関しての詳しい対策はこちらを参考にしてください→セラミド不足が酒さの原因か?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加