赤ら顔・酒さ 治療法と治し方

酒さ・赤ら顔はピーリングが効果的か?

今回は、酒さ治療のピーリングに関する僕なりの考察を書きたいと思います。

 

以前、僕が美容皮膚科に行ったときの話。

 

その美容皮膚科で、肌の赤みや毛穴の開きについて皮膚科医の先生に相談したところ、ピーリングを薦められました。

 

正確に言えば、ピーリングをしながら、フォトフェイシャルや、イオン導入を薦められたのです。(この記事のテーマは、「ピーリング」なので、今回はフォトフェイシャルやイオン導入については言及しません。また別の機会に書くかもしれませんが)

 

皮膚科の先生が薦めるのだからという安易(?)な理由で、ピーリングは2年間ほど試してみました。(記録につけていたわけではないので正確に2年だったのかはわかりません)

 

で、思ったこと。

 

ピーリングは、酒さ治療に向いていないということです。

 

あくまでも、個人的な感想ですがそう思っています。

 

これには、自分なりの根拠があるのです。

 

まず、以前お話したように、酒さ・赤ら顔・赤鼻という病気は、皮脂腺の過剰な働きとセラミド不足から起こるのではないかという仮説です。

 

この仮説を基に考えると、ピーリングは逆効果ということになります。

 

それでなくとも、セラミド不足で、肌のバリア機能が低下している状態です。

 

その状態で、さらに皮膚を無理やり薄くするわけですよ。

 

悪化する可能性すら考えられます。

 

実際、僕は美容皮膚科で薦められるままピーリング治療をしていたときは、酒さが一向に良くなりませんでした。

 

今から思い出してみると、悪化していたようにも感じます。(すぐに悪化に気がつけなかったのは、高いお金を払っているのだから効果があってほしいという無意識の気持ちからかもしれません)

 

ただ、正確に言えば、ピーリングって一時的には肌がすべすべのツルツルになるのです。

 

でも、それは一時のまやかし。

 

どういうことかと言いますと、あくまでも私の仮説ですが、肌表面の皮膚(角質層)を無理やり剥がすのがピーリングです。

 

肌表面の皮膚(角質層)を無理やり剥がすのですから、その下の新しい皮膚が表に顔を出すことになりますね。

 

新しい皮膚が表に顔を出すわけですから、当然肌はきれいに見えます。

 

ですが、これが大きな落とし穴。

 

この新しい肌、実はまだ未成熟ではないかと思うのです。

 

つまり、まだ表に出るできではない成熟していない肌なのではないでしょうか。

 

そのため、ピーリングしてから数日から1ヶ月経つと、もうツルツルのピカピカはどこへやら。

 

ピーリングする前よりも、ワントーン顔色が悪くなるように感じました。

 

肌が優れないものだから、また美容皮膚科に行きピーリングする。

 

すると、また肌表面の皮膚(角質層)を無理やり剥がすことになり、下の新しい皮膚が表に顔を出し、一時的に肌がツルツルになる、でも数日から1ヶ月すると前よりも肌の調子が悪くなる。

 

これの繰り返し。

 

肌の調子は、少しずつ少しずつ、徐々に徐々に、下降していく。

 

でも、ピーリングは一時的に肌がきれいになるものだから、その下降になかなか気がつけない。

 

気がついたころには、酒さ・赤ら顔・赤鼻が悪化という、最悪の結末に・・・・

 

あくまでも、僕個人が経験と論理から導いた仮説です。

 

もし、ピーリングを試したい方が居られたら、止めませんが、僕はもう二度としません。

 

頼まれてもしたくない。

 

せっかく肌がきれいになったのに、また酒さ・赤ら顔・赤鼻の苦しみへの逆戻りはごめんです。

 

少なくとも、僕はピーリングを一切止めて、セラミド不足を補うことや、LFKなどの方法、その他効果的な方法を自分で探して、改善へと漕ぎ着けましたから。

 

あなたがもしも酒さ・赤ら顔・赤鼻にお悩みなら、このブログの中の僕が試した治療を真似してみてはいかがでしょうか?

 

なにより必要なことは、根気だと思います。

 

酒さ・赤ら顔・赤鼻は、どんな優れた治療法でも改善までに年単位の時間が必要だと思います。

 

LFKとセラミドについては以下を参考にしてみてください。
サプリメント LFK
スキンケア セラミド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

赤ら顔はピーリングで改善する?悪化する?関連ページ

肌の状態
酒さや赤ら顔の肌の状態についての考察です
酒さは肝臓が悪いのか?
赤ら顔、原因について考えてみましょう。酒さは、肝臓が悪いと思われがち。それは本当なのでしょうか?
皮脂の酸化が酒さの大きな原因ではないか?
赤ら顔、酒さの原因について考えてみましょう。皮脂の酸化が酒さの大きな原因ではないか?
あなたの赤ら顔は本当に酒さですか?
あなたの赤ら顔は本当に酒さでしょうか?
脂漏性皮膚炎と酒さ、赤ら顔の原因となる似た病気の違い
赤ら顔の原因となる病気の酒さ、似たような症状で脂漏性皮膚炎があります。この違いは何なのでしょうか?
乾燥肌による赤ら顔の原因と改善
酒さは皮脂腺疾患が多いと言われていますが、ここでは乾燥肌による赤ら顔の原因と改善について考えてみましょう。
乾燥と脂性肌、原因別の赤ら顔対策
乾燥肌と脂性肌、原因別の赤ら顔の対策と予防についてお話しします。
赤ら顔・酒さとアトピー性皮膚炎
赤ら顔・酒さはアトピー性皮膚炎との関係があるのでしょうか?
赤ら顔に冷水は悪化のもと
冷水とお湯で肌は鍛えられるのか?赤ら顔の改善につながるのか?
治りやすい人となかなか良くならない人の違い
赤ら顔が治りやすい人となかなか良くならない人がいるのはなぜなのでしょうか?その違いとは?
抗生物質と赤ら顔(酒さ)の関係
抗生物質で腸内細菌を殺してしまうと、赤ら顔(酒さ)が悪化してしまう原因になるのではないかと考察します。
酒さ・赤ら顔の悪化要因は?
酒さや赤ら顔の悪化要因って、何なのでしょうか?実は日焼け止めも悪化の原因になっているように思います。
目の周り以外、顔全体が赤い
目の周り以外、顔全体が赤い症状とは何の病気なのでしょうか?その治し方とは?
酒さの治療に肌を乾燥させてみるという発想
酒さの治療に肌を乾燥させてみるのはどうなのだろう?つまり、保湿しないという発想ですね。