赤ら顔・酒さ 治療法と治し方

赤鼻改善 夏の皮脂対策

ここ→酒さ(赤ら顔)の原因は「皮脂」と「乾燥」ではないか?で、酒さは皮膚のセラミドが不足しているのではないかという仮説を元に、セラミドがしっかり入った保湿剤で肌の蓋をすることを提案しました。

 

ただ、これから暑くなってくるこの季節、セラミド入りの保湿剤は少し重たくベタつくこともあります。

 

酒さ治療には皮脂の酸化を防ぐことがとても大切なのではないか、ということは、このブログでいつも言っていることです。

 

今日はそのあたりのお話を。

 

僕は、1年中セラミドの保湿をしています。

 

でも、5月〜10月の気温が高く、湿度も上がっているときは、それとは別のことも少しだけ対策しています。

 

それは、夏の皮脂対策にもつながりますし、赤鼻改善にも繋がってくると考えています。

 

さて、それはいったいどんなことなのでしょうか?

 

結論から言いますと、水溶性のビタミンC誘導体を使います。

 

と言いますのも、僕は何年か前。

 

酒さ・赤鼻に悩み、美容皮膚科に行ったのですが、そこでビタミンC誘導体の化粧水をすすめられました。

 

で、試してみると。

 

かなり効果を実感できました。

 

皮脂は減り、皮脂の酸化は抑えられ、炎症も心なしか良くなっているような。

 

ただ、値段が安くなく。

 

化粧水100ミリ程度で1万円。

 

さすがに、化粧水1本に、1万円は安くないですね。

 

でも、夏場だけでもこれは使う価値があると思い、使い続けています。

 

確かに、水溶性のビタミンC誘導体には、ニキビ跡の赤みや色素沈着、肌の窪み、皮脂分泌の抑制、コラーゲンの生成の促進といった臨床効果が確認されていて、肌にも極めて良い成分のようです。

 

また、水溶性のほかにも、脂溶性や、そのどちらの性質も持ったAPPSという成分もあります。

 

僕は、一通り試しましたが、酒さや赤鼻、赤ら顔には、水溶性のビタミンC誘導体が一番合っているように思います。(金額的にも水溶性が一番安いと思います)

 

ただ、1万円。

 

僕は、しばらく、その美容皮膚科の化粧水を使い続けましたが、あるとき、自分で同じ成分のものを作ってしまうことにしました。

 

作るというと、難しく思えるかもしれませんが、とっても簡単。

 

粉を水と混ぜるだけですから^^

 

価格も自分で作れば約4分の1で済みます。

 

ビタミンc誘導体には、代表的なところでLアスコルビン酸Naとリン酸-L-アスコルビン酸Mgがあるのですが、医薬部外品など成分のしっかりしたものには、必ずリン酸-L-アスコルビン酸Mgが使われています。

 

ですので、僕もリン酸-L-アスコルビン酸Mgを使っています。

 

長くなりましたが、夏の皮脂対策や、皮脂の酸化対策。

 

また、夏場だけセラミドが重い方には、水溶性のビタミンC誘導体の併用が合っている様に思います。

 

僕は先ほども申し上げたとおり、5〜10月まではセラミドと併用で使っています。

 

作り方ですが、リン酸-L-アスコルビン酸Mgを入手して、精製水で割るだけ。

 

精製水50ミリに対して、リン酸-L-アスコルビン酸Mgが1.5〜2.5グラム程度。

 

常温でしばらく放置して、十分粉が溶ければ出来上がり。

 

これで、3〜5%濃度の水溶性ビタミンC誘導体になります。

 

洗顔後、これをパシャパシャした後に、セラミドで蓋をするだけ。

 

簡単です。

 

ただ、手作り化粧水は、防腐剤が入っていませんので、必ず冷蔵庫保存ですよ。

 

それと、一気に大量に作ると最後まで使い切れなくなるので、最高でも50ミリを上限にして作るのがおすすめです。

 

簡単に書きましたが、僕の個人的な感想では、赤ら顔や酒さに、水溶性ビタミンC誘導体はかなり良いです。

 

セラミドと併用することで、その効果はさらに期待できますし、乾燥が気にならなければ1年中でも使えるはずです。(僕の場合、夏場だけです)

 

ちなみに、僕が使っているものを紹介しておきます。(上が小さなサイズで、下が大容量のお得なサイズ)

 

精製水は、薬局で買えますが、ネットで買いたい方はこちらをどうぞ。(送料を考えた場合1980円以上で送料無料になるショップの中で最安値だと思います)

 

水溶性のビタミンC誘導体は、皮脂の分泌を抑制してしまいますので、乾燥しがちな肌の方は薄めの濃度からお試しいただければ良いのではないかと思います。(上限は最大5%くらいの方が良いと思います)

 

また、イオン導入についての僕なりの見解。

 

「ビタミンC誘導体はイオン導入することで、肌への浸透率が100倍になる」という宣伝文句を、エステや美容皮膚科でよく見かけます。

 

これは、やってみていただけると良くわかりますが、イオン導入をしてもしなくても効果に違いはないように思います。

 

月に数回高い金額を費やしてイオン導入するくらいでしたら、毎日自宅で朝晩ビタミンC誘導体入りの精製水を顔につけた方が100倍効果を実感できると思います。

 

何度も試した結果、そう実感しています。

 

参考にしてみてください。

 

酒さ・赤鼻・赤ら顔の治療は、根気が必要です。

 

根気が何より大切です。

 

ぜひ、焦らずに一歩一歩ゆっくりと前進していきましょう^^
さらに皮脂酸化を抑える方法→夏の皮脂の酸化を抑える

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夏のスキンケア記事一覧

夏の皮脂の酸化を抑える

僕の考える、酒さの大きな原因の一つは、皮脂の酸化です。顔の皮脂が過剰に分泌され、時間の経過とともに、酸化されてしまうわけです。すると、酸化皮脂の乗った皮膚が炎症を起こしてきてきます。その炎症が継続してしまうことで皮膚の下の毛細血管に影響が出て、血管拡張へと繋がってしまうように感じます。簡単に言えば、...

≫続きを読む

 

夏は酒さが悪化する可能性

あなたの赤ら顔は、夏場に悪化しませんか?気温が高いせいで顔が赤くなるのなら、それは大きな問題ではないように思います。問題なのは、気温の上昇と共に皮脂分泌が盛んになることで、酒さ(赤ら顔)が悪化する可能性が出てくることだと感じています。そもそも、皮脂腺は気温の上昇に伴い、活動が活発になります。たとえば...

≫続きを読む